Loading...

Reine Hirano

Cellist Vienna, Austria 140 Followers
Follow

2 blog entries

Reine Hirano Jan 28, 2018

Born in a musical family in Tokyo, Reine Hirano started cello lessons at the age of nine. She specialized in aesthetics at the University of Tokyo, and was awarded the Master of Arts. She continued to study in Vienna under Gerhard Iberer (cellist of the Vienna Philharmonic Orchestra) and chamber music at the University of Music and Performing Arts Vienna. She attended the Master Classes by Steven Isserlis and Anner Bylsma.

In 2004, she became a prize winner of the International Chamber Music Festival in Austria “Allegro Vivo”. In 2005, she won the Artis-Award and the Siemens-Award of the Viennese Classicism at the International Summer Academy Prague-Vienna-Budapest. In 2017, she was awarded the BEETHOVEN MEDAL by the city of Baden for the extraordinary achievements in Beethoven’s works.

As a solo and chamber musician she performs in concert halls worldwide including the Konzerthaus in Vienna and the Suntory Hall in Tokyo. She has been invited to various festivals such as the “Mozartwoche”, the “Beethoventage” and the “Musikalischer Sommer in Ostfriesland”, and teaches at Master Classes.

She is a member of the “Capella Academica Vienna” and the Fuller Fortepiano Trio. Austrian composer Peter Barcaba dedicated his Cello Sonata to her. She also plays the cello in classical period set-up. “Reine Hirano’s performance conveys Viennese scent to the audience through her pure and rich musicality. This is very valuable in today's musical world, where the technique dominates.” (“Ongaku Gendai”)

She released the CDs “Reine debut”, “Zum roten Igel – Brahms in Vienna and his Friends”, “Although spring has come...”, “Divertimento” and “Pianists’ Cello” (“Stereo” magazine’s DISC OF THE MONTH).

www.onepointfm.com/reinehirano/

Be the first to comment

 チェリストの両親のもと東京に生まれ、3歳よりピアノを始める。9歳よりチェロを山崎伸子女史に師事、中学校在学中にコンサート・デビュー。東京大学で美学芸術学を専攻し、表象文化論コース修士課程修了。2002年よりウィーンに留学、ウィーン・フィルのG. イーベラー氏に師事、ウィーン国立音大で室内楽を学ぶ。S. イッサーリス氏、A. ビルスマ氏らのマスタークラスを受講。

 2003年東京で、皇太子、皇太子妃両殿下の御前リサイタル。2004年オーストリア国際室内楽フェスティヴァル「アレグロ・ヴィーヴォ」賞を、2005年「国際夏期アカデミー プラハ‐ウィーン‐ブダペスト」でアルティス賞ならびにジーメンス・ウィーン古典派賞を受賞。2017年には“ベートーヴェン作品への並々ならぬ功績”に対し、ゆかりの地バーデン市より「ベートーヴェン・メダル」を授与される。

 ソロ、室内楽で、ウィーンを拠点にヨーロッパ各地で活躍中。「モーツァルト週間」「ベートーヴェンターゲ」「オストフリースラント夏の音楽祭」といった音楽祭に招聘され、マスタークラスでチェロと室内楽の講師を務める。「カペラ・アカデミカ・ウィーン」とフラー・フォルテピアノ三重奏団(オリジナル楽器)のメンバー。

 年に2度ほど帰国して、NHK-FM「名曲リサイタル」等に出演、2011年よりシリーズ公演 “Reine pur”(レイネ プーア)を開催。日本演奏連盟会員。「平野玲音の演奏は、ピュアで豊かな音楽性によりウィーンの香りを客席まで運んでくれる。これはテクニック重視の現代の音楽界にあって大変貴重なことだ」(『音楽現代』評)

 CD「レイネ デビュー」、「赤いはりねずみ――ウィーンのブラームスと仲間たち」、「春なのに」、「ディヴェルティメント」、「ピアニストのチェロ」(『Stereo』特選盤)をリリース。また、執筆や講演の依頼も多く、各方面で音楽の魅力を伝えている。ファンクラブ公式サイトは http://reine-h.com/

Be the first to comment